2006年10月03日

ゆめのおわり

マイレージへの移行レートが100円=0.5マイルになっても、ゆめカードが陸マイラーに根強い人気があるのは以下の理由があったからです。

  1. カード会員の誕生月は「お誕生日プレゼント」で1,000円=20マイル換算となる
  2. 発行時に引き落とし口座を登録しなければ来店払いという支払い方法になり利用明細と共に振込伝票が送られてくる
  3. 振込伝票の取扱にam/pmやサークルKサンクスがあるため、Edyで支払うことができる
  4. 「コンビニ入金」の際の手数料がゆめカード持ちなので、振込払いにもコストがかからない

昨年11月のマイレージ移行レート変更後、今年の8月には30万円を越える払込伝票はコンビニ入金不可となるなど細かなルール変更が続いていましたが、陸マイラー上級者には使い続けるメリットがあった訳ですね。
そんなゆめカードの公式ホームページの新着情報の告知に気になる記述がありました。



ゆめ国際カード オンライン入会一時停止のお知らせ

システム変更のため、以下の通りゆめ国際カードのオンライン入会を一時停止いたします。
ご不便をおかけしますが、何卒ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

日 時

2006年10月3日(火)〜31日(火)

影 響

ゆめ国際カードのオンライン入会 一時停止

*ゆうあいJCBカード・X-SELL MEMBER'S CARD(VISA)は通常通りお申込みできます。

再開について

ゆめ国際カードオンライン入会の再開は11月1日(水)を予定しております。

なお、システム変更後はカードお申込の際に「口座登録」が必須となります。
ご了承ください。

●オンライン入会停止期間にゆめ国際カードへのご入会を希望する方へ
  大変お手数ですが「資料請求」よりカード申込書をご請求ください。


この件はtakeさんから陸マイラーマイレージ研究 掲示板経由で速報をいただきました。
takeさん情報提供ありがとうございました。

お知らせの文面だと「オンライン入会時のみ口座登録必須」か「全ての場合で口座登録が必須」なのかがわからないため、ゆめカードの顧客相談室に問い合わせてみました。
以下に、管理人がオペレータさんから聞いた内容をまとめてみたいと思います。

  • 入会時はかならず口座登録が必要
  • 来店払いの制度は廃止、口座振替が原則となる
  • 既存会員も口座登録をしてもらうことになる

新規に会員になる場合、通常の方法では振込払いにはできないことになります。
現在のショッピングのご利用の記述も支払い方法は口座振替のみになっており、来店払いについての説明は無くなっています。
一部、ゆめカードが引き落としができない銀行口座(ソニーバンクなど?)にしか口座を持っていない既存会員の場合はしばらく猶予をいただけるようです。

既存会員の場合、口座振込依頼書を送り返さなければ、しばらく現行のままになりそうです。
ただし、次にフロントに持ってくる別なカードについては今の内に作成しておくべきでしょう。


ゆめカードの次期ポイント制度について

ゆめカードの次期ポイント制度「クレジット積立」についても公式サイトで発表がありました。
2007年3月発行(2007年4月4日お支払分)のカードご利用代金明細書からは「クレジット積立」がたまり、今たまっている「得種ポイント」は「クレジット積立」に移行されることになります。

クレジット積立のポイントの付き方は以下のようになっています。

月間のクレジットご利用金額100円毎に0.5ポイントプレゼント!
お誕生月はプラス1.5ポイントプレゼント!
リボ払いのご利用でプラス1.0ポイントプレゼント!

クレジット積立のポイントは1,000ポイント=1,000マイルとしてANAマイレージに移行可能です。
年間最大20,000ポイント(20,000マイル)まで移行でき、マイレージ移行手数料も無料です。
マイレージ換算率は以下のようになります。

100円=0.5ポイント=0.5マイル 0.5% (通常月)
100円=2.0ポイント=2.0マイル 2.0% (誕生月)

ポイント制度的には現行の得種ポイントが1,000円単位だったのに対し100円単位ですから、多少改善されたといっても良いでしょう。
2006年度得種ポイントは「得種ポイント1ポイント=クレジット積立0.5ポイント」として自動的に移行します。
Edyチャージでつくポイントについては記載がありません。


今回のまとめ

お近くにイズミの店舗がある場合は割引を受けるために維持するのも良いと思います。
陸マイラーの場合、完全に口座引き落としになった時点でゆめのおわりと言っていいでしょう。

管理人の場合はすでにゆめカードは整理の候補に入っていましたので、影響はありません。
次のカードについての考え方はblogには記載しないつもりですが、詳細が知りたい方はメイルフォーム経由で問い合わせていただければと思います。

2006年10月03日 作成

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 移行ポイント単位のハードル増加   2006年10月03日 23:40

> クレジット積立のポイントは1,000ポイント=1,000マイル
> としてANAマイレージに移行可能です。

ここには移行ポイント単位のハードルが高くなった事実が巧妙に隠されています。

---------------------------------------------------
■現行制度(得種ポイント)
2000ポイント以上、1000ポイント単位でANAマイルに移行
     ||
(通常月)「20万円+10万円の倍数」利用分でANAマイルに移行

■新制度(クレジット積立ポイント)
1000ポイント以上、1000ポイント単位でANAマイルに移行
     ||
(通常月)「20万円+20万円の倍数」利用分でANAマイルに移行
---------------------------------------------------

つまり新制度では20万円ずつ利用分でないとマイル移行できなくなるということですね。(通常月)





2. Posted by masa(管理人)   2006年10月04日 00:00
移行ポイント単位のハードル増加さん こんにちは
書き込みありがとうございます。

単純に区切りの1,000ポイントとしたのか、事務手続きを少なくするためにハードルを上げたのかはわかりませんが、20万円利用単位でしか移行できなくなっていますね。

ゆめカードはマイレージの移行に費用がかからないので貯まるたびに移行する方もいるのかもしれませんね。


3. Posted by HelloM   2006年10月04日 13:37
困ったことになりました。もう使い道は「ガスレンジにこびりついた油汚れをこそぎ取る」ぐらいしか無いカードと思います。口座引落しかできないのだったら、LIFEカードのほうが通常月・誕生月とも還元率が良いので、ゆめは不要です…さようなら。
4. Posted by masa(管理人)   2006年10月05日 13:02
HelloMさん、こんにちは
たびたびの書き込みありがとうございます。

既存会委員の口座登録は「順次」と言われたのみです。
具体的な期日については何も説明がありませんでした。

ゆめカードには今までだいぶお世話になりましたが、枠を考えると解約を検討するべきかもしれません。
いずれにせよ、しばらくは様子を見た方がいいでしょうね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔