2006年11月26日

ETC取付はDIYで! 基礎編

陸マイラーマイレージ研究」では以下の理由でETCの利用をお勧めしています。

  • 料金所はノンストップで通過でき、渋滞を回避できる
  • 支払いのために手間取ることがなく、運転に集中できる
  • 高速料金が自動的にカード払いとなりカードのポイントを貯められる
  • ハイカが使えなくなり、ETCだけが割引料金で高速を利用できる
  • 利用実績でポイントを還元するETCマイレージサービスでさらにおトクに!

でも、車載機が1万円ぐらいする上に、取り付けからセットアップまでの費用を合計すると約2万円もかかるのが悩みの種・・!
「ETCはつけたいけど、2万円もだせないよなー」という方のために、以下の記事でETC車載器を格安で入手できるキャンペーンをお知らせしています。

  1. まだ料金所で並びますか? 首都高カード ETC車載器0円キャンペーン

記事のなかで「ETC取付けは結構簡単」と書いたため、DIYでの取付けにチャレンジされた方も多かったようです。
メイルやコメントでいくつかの問い合わせをいただいていますので、ETC取付けについてまとめてみたいと思います。
今回は、基礎知識と通常の取付け方法についてです。


ETC取付けの基礎知識

ETC車載器は、利用するクルマの情報を書き込むことで利用できるようになります。
この初期設定をセットアップと呼びます。
セットアップ済みのETC車載器は「電源の取出し」と「車載器本体の設置」「アンテナの取付け」の3つの作業をすれば利用できるようになります。
カーオーディオの取付けができるスキルがない場合、一番の難関は「電源の取出し」でしょう。
「車載器本体の設置」や「アンテナの取付け」は狭い車内での調整や配線の取回しは面倒ですが、なにか特別な技術がいるわけではありません。

クルマに後付けできるカーナビやレーダー探知機などのカーエレクトロニクス製品には電源をシガーソケットから取れる機種がありますね。
でも、ETC車載器の場合は全ての機種が既存のカーオーディオ用の配線等から分岐するか、あるいはヒューズボックスから取ることになります。
これは通行料金の安い車両でセットアップされた車載器を通行料金の高い車両に載せ替えて本来の通行料金を払わない等の不正行為を防止するためだと思われます。
不正行為については高速道路各社の対策も進んでおり、昨年10月に法律も改正されています。
ETCのゲートにはビデオカメラが設置されており、車載器情報と実際の車種やナンバーが一致しているかを判別できるようになっています。
不正通行は30万円以下の罰金+最大で正規の通行料の3倍の料金が徴収されますので、後で手痛い思いをすることになるわけです。
次回の記事では電源をシガーソケットに加工したポータブルETCについてもまとめてみるつもりですが、不正行為をお勧めするものではありません。


電源の取出し

ETC車載器の電源はアクセサリー電源(ACC)とアース(GND)の2本のみを配線すれば動作する機種とさらに常時電源(+B)を加えた3本の配線が必要な機種があります。
この違いはメーカの設計思想によるところが多いようでメーカーによって分類できるようです。

アクセサリー電源とアースの配線で動作するメーカー
三菱電機
三菱重工

アクセサリー電源とアースに加え常時電源の配線が必要なメーカー
Panasonic
デンソー

アースの配線はクルマの金属部分のネジにETC車載器の配線ケーブルのクワ型端子を友締めするだけで十分な場合が多いです。
その他の電源の取出しを行うには平型ヒューズ電源を使ってクルマのヒューズボックスから取り出しすか、配線コネクターを使ってカーオーディオなどの既存の配線等から分岐します。

ヒューズボックスの場所はクルマの取扱説明書に記載がありますね。
既存の配線から分岐する場合、カーオーディオなど勘で取り外すのは無理がありますから、clarionの車速信号情報のご自身のクルマのオーディオ取外し要領を参考にされると良いでしょう。
データがない場合は、自動車販売店やメーカーに問い合わせれば回答をもらえるはずです。


常時電源を使わない接続

管理人がアクセサリー電源とアースに加え常時電源の配線が必要なパナソニックのCY-ET806Dを取り付けた際に確認してみました。
常時電源を使わずにアクセサリー電源をETC車載器のアクセサリーと常時電源に分岐すれば使用は可能でした(機能が制限されます)。
常時電源にも電源をつながないと使用できない仕様のようです。
制限される機能は「カード抜き忘れの警告」「音量調節のメモリ」です。
「カード抜き忘れの警告」は電源が入っていないからしょうがないですね。
「音量調節のメモリ」は常時電源のみONのときに記録するためですから、調節後にETC車載器のACC配線を一度はずしてやればよさそうです。


ETC車載器本体の設置・アンテナの取付け

ETC車載器本体の設置とアンテナの取付けについては機種によって作業が異なります。
概要はパナソニックのサイト三菱重工のサイトから取付説明書をダウンロードすれば把握することができます。
取付説明書には取付けの手順やアンテナの取付け位置や角度などの記載があります。
個人差はあると思いますが、取付説明書にしたがって作業すれば2-3時間で取付けることができると思います。


ETC取付けの注意点

配線作業はショートによる感電やケガの防止のため、バッテリーの−端子をはずしてから行っておこなってください。
ETC車載器を使う前には、電源を入れた時やカードを挿入で決められた音声やブザーが出るかLEDの点灯など、動作が正常か確認しましょう。
カーオーディオなどの取付経験がない方は、午前中から作業開始するなど時間に余裕を持つとよいでしょう。


管理人がお勧めのパナソニックCY-ET806Dが無料でGETできる首都高カードETC車載器0円キャンペーンは2007年11月末までです。
キャンペーン詳細確認&首都高カード申し込みはこちら↓からどうぞ。

お買い物にも首都高速ドライブにも特典満載!「首都高カード」
参考記事:まだ料金所で並びますか? 首都高カード ETC車載器0円キャンペーン

2006年11月26日 作成
2007年10月15日 修正

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔