2007年05月13日

「Suicaポイント」 6月1日サービス開始

陸マイラーのマイル獲得方法の1つに電子マネー使いこなしがあります。
クレジットカードで直接支払えないお店や税金などの公共料金を電子マネーを経由して支払うことで、間接的にカードを使用してポイントを稼ぎマイルにつなげるわけです。

たくさんある電子マネーですが比較的に取扱店舗の多いのはEdy(エディー)やSuica(スイカ)ですね。
陸マイラーが積極的につかっている電子マネーは昨年まではEdyだったと思います。
Edyが各社のクレジットカードでチャージできるのに対し、SuicaはJR東日本のクレジットカードであるVIEWカードでしかチャージできなかったからです。

2006年10月よりモバイルSuicaがVIEWカード以外のクレジットカードでチャージできるようになりました。
カード型Suicaは相変わらずVIEWカードのみですが、モバイルSuicaをご利用の方はカードのポイントはEdyとSuicaも互角の勝負になったわけですね。

ただし、電子マネーの利用で獲得できるポイントには大きな差があります。
ANA EdyまたはEdy機能付のANAカード、ケータイ de Edyマイル登録済みの「おサイフケータイ」だと200円利用ごとに1ANAマイルためることができます。
対するSuicaにはポイントサービスがありません。
したがって、Suicaとクレジットカードの支払いでは獲得できるポイントorマイルには差がなかったわけです。

でも、6月からは陸マイラーにとって事情が変わるかもしれません。
ついに「Suica」でもポイントサービスが始まるからです。



「Suicaポイント」サービスの概要

2007年6月1日からスタートする「Suicaポイント」サービスの概要をまとめます。

  1. モバイルSuica会員または「VIEW Suica」カード会員向けのポイントサービス
  2. 「Suicaポイント」を貯めるには「Suicaポイントクラブ」への入会が必要
  3. 「Suicaポイント」加盟店マークのあるお店で、Suicaでお買い物をすると自動的にたまる
  4. たまった「Suicaポイント」は、Suicaとして電車やバス、ショッピングに利用できる
  5. 提携企業とのポイント交換も予定

無記名式の「Suicaカード」や記名式の「My Suica」で現金チャージしている方の場合は「Suicaポイント」も対象外です。
また、ポイントが貯まるのは「Suicaポイント加盟店」だけでJR東日本での電車賃でさえ貯まらないのは意外です。
提携企業とのポイント交換については後述します。


「Suicaポイント」のつかい方

「Suicaポイント」が100ポイント以上たまったら、Suicaに1ポイント=1円としてチャージすることができます。
陸マイラー的に気になる提携会社とのポイント交換は以下の通り。

WAONポイントやGポイントへの交換レートや開始時期はまだ公開されていませんが、Gポイント経由で各航空マイルにできるわけです。
Suicaはマイレージやポイントの系列としてはJAL系だと思うんですが、SuicaポイントはANAマイレージへの移行ができるようになる可能性があります。
Gポイントの航空マイルの交換比率は以下になります。

  • 全日空(ANAマイレージクラブ)
    30 Gポイント = 8 マイル 26.7%
    500 Gポイント = 100 ワールドポイント = 500 Tポイント = 250 マイル 50.0%
  • ノースウェスト航空(ワールドパークス)
    300 Gポイント = 60 マイル 16.7%
  • ユナイテッド航空(マイレージプラス)
    300 Gポイント = 60 マイル 16.7%
  • 日本航空(JALマイレージバンク)
    30,000 Gポイント = 28,500 セシールスマイルポイント = 28,500 りそなクラブポイント = 11,400ビューサンクスポイント = 19,000マイル 63.3%
    2,000 Gポイント = 2,000 Yahoo!ポイント = 1,000 マイル 50.0%

「Suicaポイント」の貯め方

ポイントの付与が始まるのは6月1日からです。 「Suicaポイント」加盟店約3,100店舗でのショッピングが対象です。
駅構内の店舗はキヨスクや NEWDAYS、あじさい茶屋、BECK'S COFFEE SHOP、飲料自販機、ecute大宮/品川などでの利用でポイントが付与されます。
駅外の店舗では新規にSuica対応した紀伊国屋書店(新宿本店、新宿南店)、「紳士服のコナカ」(関東圏約50店舗に順次導入)、時間貸駐車場「タイムズ」約10カ所が開始当初の加盟店です。
ポイントの付与率が店舗によって異なります。

100円で1ポイント
紀伊國屋書店
紳士服のコナカ
タイムズ
ecute大宮/品川
駅の飲料自販機(約1,500台)
ジェクサー・フィットネスクラブ
200円で1ポイント
キヨスクや立ち食い蕎麦などその他店舗

開始当初の3,100店舗だとまだまだといった感じですね。
既にSuicaを導入済みのチェーン店などへの導入が進まないとANA Edyへの JRの過去のプレスリリース(Suica利用ポイントサービスの提供を開始します。〜Suicaでのお買い物を魅力的に〜 [PDF/328KB])によるとSuicaポイントと店舗独自のポイントサービスは両立しないようです。
つまり、すでにSuica決済とポイント制度を連動させているビックカメラでもSuica利用ではSuicaポイントは対象外になるでしょう。
(Edyの場合はヨドバシカメラやマツモトキヨシでポイントカードとANA Edyの2枚出しやポイントアプリ入りのお財布ケータイを使えば、どちらのポイントも獲得できる)


「入っトク! 1000人、2000ポイントプレゼント」キャンペーン!

「Suicaポイント」サービス開始にあわせてポイントプレゼントキャンペーンが予定されています。

キャンペーン期間
2007年5月21日(月)〜6月20日(水)
対象者
期間中に「Suicaポイントクラブ」に入会した方
特典
抽選で1,000名様に2,000「Suicaポイント」プレゼント
もれなく、携帯電話用「ペンギンオリジナル待受け画像」プレゼント

首都圏の陸マイラーにはモバイルSuicaがおすすめ

陸マイラー御用達のマイ・ペイす後の三井住友カードやUCSカードEntaはマイル還元率で100円=2マイルです。
首都圏で公共交通機関を良くつかう陸マイラーだとJAL VIEW SuicaよりはモバイルSuicaを使うのがお勧めです。

モバイルSuicaの利用年会費は、VIEWカードで登録している場合は当面無料です。
そのほかのクレジットカードでの登録は年会費1,000円ですが、2008年3月31日までは「年会費初年度無料キャンペーン」実施しています。
他社カードは2年目から、VIEWカードの利用でもいつかは年会費がかかるようになります。

Suicaポイントの還元率は100円または200円の利用で1円分のポイントです。
仮に平均の150円=1ポイントとすると1,000円の年会費は年間15万円以上使えばSuicaのみで元が取れる計算です。

3月18日からはSuicaと相互利用が可能なPasmoのサービスを開始しています。
首都圏を中心とする鉄道・路線バスのほとんどで使えるメリットもありますし、VIEWカードとそのほかのカードの還元率の差を考えるとモバイルSuicaの年会費をかけてもペイするでしょう。
管理人は「ビュー・スイカ」リボカードをおサイフに入れています。
モバイルSuicaの対応機種は当初、FOMAの一部と、auのおサイフケータイのみでしたが最近はかなり増えてきていますね。
(「モバイルSuica」対応機種について)
残念ながら管理人の携帯も対応機種ではありませんが、「Suicaポイント」の導入前までに機種変更しようと思っています。


カテゴリー「Suicaで貯める」の関連記事も参考にどうぞ

  1. モバイルSuica とうとう他社カード使用可能に
  2. モバイルSuica スタートしました
  3. コンビニエンスストアと電子マネー
  4. ロイヤルホストで・・・
  5. モバイルSuica 1月28日開始
2007年05月13日 作成

mileage at 22:21│Comments(0)TrackBack(0)clip!Suicaで貯める 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔