2008年02月17日

スルガ銀行ANA支店でマイルを貯める

あなたのお使いの銀行はどこですか?
おそらく、会社の近くにある銀行や、初めて作った口座をずっとお使いなのでは?

最近は、いろいろな銀行でマイルがたまるサービスがあります
ANAマイレージを貯めている陸マイラーに現時点で最もお勧めできるのはスルガ銀行ANA支店です。
給与振込みやカードなどの振り替えをスルガ銀行ANA支店の口座にするだけでANAマイルががたまる口座振替マイルサービスという特典があるからです。

間違いやすいんですが、「ANA支店」の読み方は「エーエヌエー支店」で「アナ支店」ではありません。
そう言えば最近の機内アナウンスも「みなさまおはようございます。本日はスターアライアンスメンバー エーエヌエーにご搭乗くださいましてありがとうございます」とかですね。
ANAは会社の方針としてANA(エーエヌエー)という表記・読み方に統一しています。
これは中国路線に注力しているのも理由の1つです。
同じ漢字の国、中国の空港ではすべてANAの表示になっており、漢字の「全日空」は中国では一日中空席の意味で縁起が悪いとのこと。

脱線しましたが、スルガ銀行ANA支店についてはしばらく書いていませんので再度まとめてみたいと思います。



スルガ銀行ANA支店とは

スルガ銀行は静岡県沼津市に本店を置く地方銀行ですが、多くの企業と提携しネット支店を開設しているため、近所に店舗がなくてもかんたんに口座を作る事ができます。
スルガ銀行ANA支店もその1つ、スルガ銀行がANAと業務提携して運営しているオンライン専業支店です。
オンライン専業支店なので、実店舗はありませんがコンビニやゆうちょ銀行など全国15万台以上のATMで出入金ができます。
スルガ銀行ANA支店のメリットをまとめます。


銀行取引でマイルが貯まる!

陸マイラーにとっての、スルガ銀行ANA支店のもっとも大きなメリットは「給与振込」やカードなどの「自動振替」をスルガ銀行ANA支店の口座にするだけでマイルが貯まると言うことです。
毎月15日にANAの口座にマイレージが加算されますが、登録や移行手続きは必要ないので、一度設定してしまえば後はほったらかしでマイルが貯まって行く感じです。
貯まるマイルは取引の種類によって違います。

口座振替マイルサービス
項目マイル数
給与振込50マイル/月年間 600マイル
固定電話・携帯電話の口座振替10マイル/月年間 120マイル
住宅ローンの借り入れ
(残高3,000万円〜5,000万円の場合)
年間 15,000マイル
外貨定期預金
の月末残高に応じ
1,000通貨毎に
最大10マイル/月
年間 120マイル
クレジットカードの口座振替5マイル/月年間 60マイル
生命保険・損害保険5マイル/月年間 60マイル

給料振込みをANA支店にするだけで年間600マイルも貯まってしまうのはすごいですねぇ
管理人の場合、毎月5枚の支払いをスルガ銀行ANA支店でおこなっていますので、クレジットカードの支払いでも毎月25マイル、年間300マイル獲得です。

口座振替マイルサービスのうちクレジットカード決済とスルガ銀行ANA支店の口座振替の両方が可能なのは電気料金や携帯電話、生命保険・損害保険です。
保険の場合はご契約済みの会社がクレジットカード払い可能かどうか調べて見たほうがよいですね。
ちなみに自動車保険などの場合はインターネットなどで契約できる会社のほとんどがカード払い可能です。
自動車保険でANAマイルをためる自動車保険でJALマイルをためるもご覧ください)
クレジットカード決済にするかスルガ銀行ANA支店の口座振替にするかは検討が必要です。
クレジットカードの支払いでたまるマイルは通常のカードでも100円=1マイル、リボで最適化したANA eLIOカードやスマイルパーソナルカードでは100円=2マイルになります。
陸マイラー的にどのくらいの決済でクレジットカードにするべきかを考えてみました。

携帯電話などの10マイル/月たまる口座振替の場合、1,000円(100円=1マイル時)または500円(2マイル時)以上
保険などの5マイル/月たまる口座振替の場合、500円(100円=1マイル時)または250円(2マイル時)以上

ならばクレジットカード経由の方がお得です。


コンビニATM利用可能! 出金手数料を無料化できる

スルガ銀行は、全国のセブン銀行(セブンイレブンやイトーヨーカドー)ATM、E-net(ファミリーマートやミニストップ、サークルK・サンクス)ATM、タウンネットワークサービス(スリーエフ)ATM、ゆうちょ銀行ATMのほか、地方銀行、都市銀行、信託銀行、第二地方銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、JA・信漁連、シティバンクなど全国15万台以上のATMでカードを使って入出金ができます。
また、イオン銀行(ジャスコ、サティ、マックスバリュー)ATMでは出金が可能です。

管理人の場合、クレジットカード至上主義なので、最近はほとんどATMで現金をおろすことも無くなりましたが、会社員や忙しい方の場合、現金を引き出すのに銀行やゆうちょのATMに並ぶのも大変ですよね。
近くのコンビニにあるATMは便利ですし、以外にすいているのでかなり便利だと思います。
セブン銀行、E-net、タウンネットワークサービスのATM出入金手数料をまとめます。

出金
平日 0:30〜7:00=210円 7:00〜18:00=無料 18:00〜23:30=105円
土曜 9:00〜14:00=無料 14:00〜21:00=105円
日曜 9:00〜21:00=105円
入金
平日 0:30〜23:30=無料
土曜 9:00〜21:00=無料
日曜 9:00〜21:00=無料

取扱時間なら入金は完全に無料、日曜以外は無料で出金できるわけですね。
有料となる時間帯でも口座開設から3か月間は無料で出金できます。
また、下記の条件のうちどれかを満たしていればとATMの出金手数料が無料にすることができます。

  • 月末預金残高が50万円以上
  • 月末ローン残高があり、当月の返済がある方
  • ANAマイレージクラブ ブロンズ会員以上

かんたんなのは預金残高50万円以上でしょうか?
給与振り込み口座にして急に必要になったときに備えて現金を少し残して手数料を無料にするわけですね。


スルガ銀行内振り込み手数料無料 他行振り込み手数料優遇有り

インターネット/モバイルバンキングで送金する場合、スルガ銀行同士なら振込み手数料が無料です。
他行あての場合、1万円未満は210円、1万円以上3万円未満は315円、3万円以上は420円ですが、前々月の預金平均残高50万円以上または前々月末時点で融資残高がある場合は一律210円に優遇されます。


「ANAマイレージカード」と「Edy」がセットになった「フィナンシャルパス」

スルガ銀行ANA支店のキャッシュカードは「ファイナンシャルパス」という名前が付いています。
このファイナンシャルパスはキャッシュカードにANAマイレージクラブの会員証、電子マネーEdyが一体になっています。
Edy部分は通常のANA Edyと同様に現金やクレジットカードでチャージすることができ、Edyで決済すると200円=1マイル貯めることができます。
ANAカードに搭載されているEdyと異なり、クレジットカードに縛りはありません。
たとえばEdyチャージ可能かつポイントの貯まるライフカードを登録し、チャージすればチャージとEdy決済の2回でマイルを貯めることが可能なわけですね。

ファイナンシャルパスの発行無料。すでにANAマイレージ会員になっている人でも追加で作ることができます。
ANA Edy1枚では5万円分しか使えませんが、フィナンシャルパスも合わせれば10万円分の決済が可能です。
例えば、ヨドバシカメラやケーズデンキなどEdyが使えるお店で高額商品を買うときに役立つわけです。

すでにANA Edyをお持ちの方はフィナンシャルパスが届いてからANAマイレージクラブサービスセンター(0120-029-767)に電話して元のANA Edyの会員番号と統合の手続きをしましょう。


スルガ銀行ANA支店のまとめ

ANAマイレージを貯めている陸マイラーに現時点で最もお勧めできるスルガ銀行ANA支店について要点をまとめます。

  1. 銀行取引でマイルが貯まる
  2. 全国15万台以上のATMと提携 コンビニATM利用可能!
  3. 入金手数料無料! 出金手数料も無料化できる
  4. フィナンシャルパスのチャージとEdy決済の2回でマイルを貯められる

スルガ銀行ANA支店の口座開設はこちら↓からどうぞ

スルガ銀行ANA支店

ライフカードとの併用がおすすめ!

陸マイラーとして更に上を目指す方にはライフカードとスルガ銀行ANA支店でのカード代金の支払いとの併用をおすすめしています。
ライフカードには郵送の利用明細をE-mailに切り替えると送付ごとに10ポイント=40マイル獲得できる「E-mailポイント」というサービスがあり、引き落としをスルガ銀行ANA支店にすれば口座振替マイルサービスと合わせ、どんなに少ない決済でも毎月かならず45マイル獲得できるわけです。

ANA系陸マイラーの必須アイテムだった三井住友カードがEdy・Suicaチャージ ポイント付与の対象外になったことからEdyチャージのためにライフカードを持つ方も増えているようです。

ライフカードのご入会はこちら↓からどうぞ。

2008年02月17日 作成
2008年05月29日 修正

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔